ブログ・コンサル依頼ページ
SEO対策

【実証】SEOは検索クエリの空白を「埋める」 という考え方

当記事では、SEO対策に効果的な「記事の書き方」ついてお話していきます。

 

前回の記事では、「初心者はビックワードではなくスモールワードから狙う」についてお話しました、まだの方はぜひそちらも参考にしてみてくださいね。

ブロガーならすべき目標というか目的というのか、よく聞くのが「SEO対策(検索エンジン最適化)」です。

さまざまな戦略がありますが、おそらくほとんどの人この「SEO対策」を軸にして派生していきます。

SEOとは、”Search Engine Optimization(サーチエンジンオプティマイゼーション)” の略であり、検索エンジン最適化を意味する言葉です。

検索結果でWebサイトがより多く露出されるために行う一連の取り組みのことを”SEO対策”と呼びます。

SEOで、検索表示させるための知識でとても大きなポジションになるのが、「ビック・ミドル・スモール」ワードです。

前回の記事でもお話した内容ですが、さらに深掘りした内容をお話していきます。

  • 地域ブログ
  • 職業ブログ
  • 後発スタート組

でも、こういうやり方ならまだまだ狙っていけると考えている方法を、分かりやすくお話していきます。

 

SEOは検索クエリの空白を「埋める」

きし
きし
SEOを狙う上では、空白を「埋める」という考え方です。
つま
つま
個人でのブログ運営する上での考え方です。

SEOは検索クエリの空白を「埋める」という考え方が、自分の中でもしっくりきています。

なので、いきなり、初心者がビックワードを狙うのではないように、単一ワードでは狙わない方がおすすめです。

単一ワードや2語ワード、3語ワードでのクエリはそれなりにコンテンツが埋まってきていますが、それ以上だとどうでしょうか?

例えば、「美容師+ブログ+副業+やり方+何年」で調べても、「美容師+ブログ+副業+やり方」それほど表示結果は変わらないです。

つまり、検索クエリの空白がまだまだあるということです。

 

段階としては、検索クエリを見つけて減らしていく、いうのが目標になります。

だから、ブログを始めたばかりの初心者ブロガーは、どんどん3語(スモール)を狙います。

狙うことによって、ブログへのアクセスを狙うことができます。

ブログだけではありませんが、先行者有利はどの業界でも同じです。しかし後発組は不利なのかといえばそういうわけでもなく戦法がるのです。

さらに深掘りしていくと、

  • どんどんスモールを狙う
  • 3語どころか4語、5語で1位をとる

順にお話します。

どんどんスモールを狙えばいい

スモールを狙っていきますが、検索クエリにはたくさんの空白があります。

検索エンジンは、検索エンジンを使う人たちが、どういう「意図」もって検索しているかという「検索意図」を推測して検索結果を返しています。つまり検索意図のだけ検索クエリの空白があるということです

もっと分かりやすく言えば、人の数だけ検索意図(空白のクエリ)は無限にあるということです。

 

例えば、「iPhone カバー」というキーワードで検索する人たちの多くは、iPhoneの特定のカバーを探そうとしているわけでなく、「iPhoneにはどんなカバーがあるのか?」という情報を知りたいケースも多いです。

しかし逆をいえば、特定のカバーを探している人もいてるということも言えます。

「iPhone カバー」というキーワードの検索結果には、網羅的にまとめられているページが上位表示されやすいのですが、そんなページにするためにはレベルを上げるためにも、検索クエリの空白をどんどん狙うと効果的です。

初心者の内は検索の空白が狙うことが一番の近道になっていきます。

3語どころか4語、5語で1位を取るような記事をつくる

だからこそ、3語どころか4語、5語の関連ワードで1位を取るような記事をどんどんつくります。

というか、1位を取るのがそれほど難しいことではないので、結果になるのが早いです。

4語で1位がとれると3語でも不思議と じわじわあがってきて、 そのうちビッグワードでもあがってくるようになる。

「そんな4語も5語も考えれない…」

って、分からなくなる人もいてるかもしれません。

そこで、ぼくのコンテンツをつくる時の記事の書くまでの流れに、ついてもお話します。

ぼくの場合、

  1. 狙うクエリを決める(1語目)
  2. リサーチ
  3. 検索意図の確認(2語目、3語目)
  4. 検索意図を考える
  5. ペルソナを想定(4語目)
  6. 記事の結論(5語目)

まぁ大体こんな感じで、ここまで考えていると、4語、5語ぐらいは頭の中でイメージできます。

クエリによってはもっと出てる場合もありますが、その場合は別記事にしたり…としているとそれなりにコンテンツを生み出すことができます。

特化ブログの場合は、何を見なくてもできるようになってきます。

 

終わりに

きし
きし
クエリの空白が狙うのが一番結果になる方法だと考えています。
つま
つま
ニッチなワードの場合だと、早くに上位表示することができますし、ワードを増やすことで、空白のクエリを埋めることができるというわけです。

スモールワードを狙うというのを、さらに分かやすくすると、3語、4語、5語とクエリの空白を狙って埋めていくことで、後発組の初心者ブロガーでもアクセスを集めることができます。

狙うクエリを見つけたら、まずはリサーチすべきということですね。

リサーチするときの参考にしてください。

 

ABOUT ME
岸 和希
岸 和希
自分の願望を全て叶えるために、自分の力で稼ぐ美容師。 美容師リーマン時代、美容師歴10年以上経験してからブログ運営にチャレンジ。「人生を楽しむ」をモットーに発信しています。