ブログ・コンサル依頼ページ
SEO対策

【SEO指南】ブログ初心者が陥りやすい「重複コンテンツ」の対策

当記事では、SEO対策で陥りやすい「注意点」ついてお話していきます。

 

前回の記事では、「ブログ100記事はゴールでなくスタート地点」についてお話しました、まだの方はぜひそちらも参考にしてみてくださいね。

ブロガーならすべき目標というか目的というのか、よく聞くのが「SEO対策(検索エンジン最適化)」です。

さまざまな戦略がありますが、おそらくほとんどの人この「SEO対策」を軸にして派生していきます。

SEOとは、”Search Engine Optimization(サーチエンジンオプティマイゼーション)” の略であり、検索エンジン最適化を意味する言葉です。

検索結果でWebサイトがより多く露出されるために行う一連の取り組みのことを”SEO対策”と呼びます。

そんなSEOには注意点があります。

ぼくが実際に初心者のうちに陥った経験をもとに、分かりやすくお話していきます。

今回の記事では、ブログ初心者が陥りやすい注意点をまとめてみたので、ご参考になるはずです。

 

ブログ初心者が陥りやすい「重複コンテンツ」

きし
きし
ブログ初心者が陥りやすい注意点をまとめてみました。
つま
つま
これはわたし達も失敗したSEO注意点です、ぜひ参考にしてください。

初心者ブロガーが最も陥りやすいSEO注意点は「重複コンテンツ」です。

重複コンテンツとは、「ページのURLは異なるが、その内容が完全に、またはほぼ同じであるコンテンツ」のことです。

同じ人から、雑誌や書籍など同じ内容の本が何冊にもなるのは当たり前です。

しかしウェブ上では、世界中のどこからでもある特定のページにアクセス出来るため、同じ内容のページが複数存在する必要性は原則ありません

ウェブ上では、コピーされた情報の価値はとても小さいのです。

例えば、類似したワードを基盤としたコンテンツはGoogleからしたら、どちらを優先させうるかは、明確にはしてくれません。

つまり、意図した記事と違う記事がインデックスされ、他の記事はインデックスされないということになります。(インデックス数の少ないものはいくつかはインデックスされることはあります)

検索エンジンは、原則として重複コンテンツを同時に検索結果に表示することはありません

もし複数の重複コンテンツが検索結果に表示されることが許されてしまうと、検索結果が1ページ同じ内容のページばかりで埋め尽くされてしまう、ということも有り得ます。しかし、このような検索結果を求める読者はいないでしょう。

そうならなないための注意点があります。

  • 連載形式にするな
  • 「〇〇日記その②」もダメ
  • 「体験」だけを書くのではない
  • 「回答」を書く
  • 1記事で完結する

順にお話していきます。

 

連載形式にするな

連載形式は一番ダメです。

前編・後編とかはやめた方がいいです、だったら長くても一記事にまとめましょう。

もちろん、読者のことを考えて前編・後編に分けるっていうのがダメではありませんが、SEO対策を考えるのなら長文にしたほうが効果的です。

「〇〇日記その②」もダメ

とくに、日記形式一番ダメです。タイトルもろかぶりで重複コンテンツになります。

さらに文字数も分散化されるから、SEO的にも不利になります。

例えば、〇〇は適当なイメージで①〜⑤まで日記を1000文字程度のシリーズの記事を書いているとします、

これを、分けずに統合すると5000文字になります。

選択肢として2つ。

  1. 1000文字を5記事
  2. 5000文字を1記事

これはどちらがいいか、ここまで読み進めてもらったあなたなら分かるはずです。

これは、個人的には②がおすすめです。

文字数も多く、見出しも多くできるからワードを多くなりやすくて、コンテンツ力が高く評価されやすいです。

キーワードに対する「体験」だけを書くのでない

キーワードに対する「体験」だけを書くのではありません。

検索ワードというのは、いわいる「悩み」です。コンテンツは悩みを解決するきっかけになります。

読者が求めているのは、悩みの体験ではなく、悩みの解決です。

体験を書くのではなく「回答」を書く

ブログでは、ただ経験を書くのではありません。

経験を書くのは、ただの日記です。

ではなく、悩み(ワード)を経験したあなたが、どんな回答(コンテンツ)をしたのかを書くということです。

経験を通じた「回答」を書くのがコンテンツとして重要になってきます。それが、悩みを抱えて検索してきた読者にとって、もっとも役に立つと感じてもらいやすいからです。

1記事で完結しろ

つまり、同じペルソナ(悩み・ワード)にあるものは1記事で完結しましょう。

「悩み編」「解決編」とかって分ける必要はなくて、まとめて1記事にするんです。

もしどうしても、記事を分けてつくりたい場合は、「noindex」するのも一つの対策です。記事のパワーを分散させずにすむので、効果的です。

さらに、すでにいくつか重複コンテンツとして記事があるのなら、

  • 記事を統合させて下書きor削除する
  • 記事を残す場合は「noindex」にする

この2つがもっとも効果的です。

さらに、indexさせたい記事のURLをGoogleに再クロールを要求する手法もあるので、一緒に試しましょう。

>>Googleに再クロールを要求する

 

終わりに

きし
きし
今回の記事では、「重複コンテンツ」についてお話しました。
つま
つま
多くの人が陥りやすい注意点です。せっかくつくるのでSEOで効果的な記事つくりを心がけましょう。

と、いうぼくも重複コンテンツに気づかずにハマってしまし、狙いの記事をindexしてもらうために四苦八苦した経験があります。

初心者ブロガーは、どうしても書きたい記事ではなく「書ける記事」を量産してしまいがちになるからです。

つまり、同じペルソナの記事が大量になり重複コンテンツになって、Googleから良い評価がもらえないと考えています。

記事を作る時は重複にならないようにしてみましょう。

 

ABOUT ME
岸 和希
岸 和希
自分の願望を全て叶えるために、自分の力で稼ぐ美容師。 美容師リーマン時代、美容師歴10年以上経験してからブログ運営にチャレンジ。「人生を楽しむ」をモットーに発信しています。