SEO対策

【SEOは内部対策も重要】記事が増えたら「内部リンク」で記事同士を繋げる

当記事では、SEO対策に効果的な「記事の書き方」ついてお話していきます。

 

前回の記事では、「SEO対策に記事の書き方」についてお話しました、まだの方はぜひそちらも参考にしてみてくださいね。

ブロガーならすべき目標というか目的というのか、よく聞くのが「SEO対策(検索エンジン最適化)」です。

さまざまな戦略がありますが、おそらくほとんどの人この「SEO対策」を軸にして派生していきます。

SEOとは、”Search Engine Optimization(サーチエンジンオプティマイゼーション)” の略であり、検索エンジン最適化を意味する言葉です。

検索結果でWebサイトがより多く露出されるために行う一連の取り組みのことを”SEO対策”と呼びます。

しかし、「SEO対策って何したらいいか分からない」って初心者は思ってしまうはずです。

悩みながらも記事を書いている初心者ブロガーの方からの悩みがあったので、お伝えしたのが、「SEO内部対策」です。

今回の記事では、ある程度記事を書き溜めたブロガーさんに最も有効なアプローチであるSEO対策「内部リンク」の効果や、注意点についてお話していきます。

 

「SEO内部対策」について

きし
きし
SEOでは記事を書いて対策する「外部対策」と、ブログ内でする「内部対策」の2種類があります。
つま
つま
これはどちらが良いとかでなく、両方とも大事になるので必ず対策するようにしましょう。

ブログでは、新記事をどんどん書いてSEOの「外部対策」をしていきます。

それが溜まってくると、ブログ内で「内部対策」をするとより効果的となります。

SEO内部対策には3つの目的があります。

  1. 必要な情報を提供する
  2. 読者の離脱を減らす
  3. Googleに良いコンテンツと認識してもらう

この3つが大きな目的になります。

読者があなたの記事を見にくれた時に、「良い記事だな〜、なんかもっと見たいな〜。」と感じてくれたとします。

そんな時に、関連記事やあなたに興味をもってもらうための「記事B」や「記事C」があれば、きっと読者の方は見てくれるはずです。

 

1人の読者が来てくれて、1記事だけでなく2記事、3記事と見てくれた場合、PVが2倍3倍になっていきます。さらにそれはGoogleに良い評価をもらえるとされているのです。

つまり、外部対策として記事を書いて検索流入から呼び込んできた読者の方に対して、アプローチするのが内部対策というわけです。

では、内部対策をする時の注意点をお話していきます。

 

①:記事が溜まってきたら「内部リンク」をしよう

まずは、記事が溜まってきたら内部リンクをしましょう。

内部リンクには3種類あります

  • テキストタイプ
  • カードタイプ
  • ボタンタイプ

①テキストタイプ

>>【SEO対策の文章の書き方】冒頭では「結論を先に言う」は効果的!

②ブログカードタイプ

【SEO対策の文章の書き方】冒頭では「結論を先に言う」は効果的!当記事では、SEO対策に効果的な「記事の書き方」ついてお話していきます。 前回の記事では、「SEO対策に効果的なまとめ記事...

③ボタンタイプ

>>SEO対策の文章の書き方

3つとも同じ記事なのに「見え方」が全然違いますね。

あなたはどれをクリックしたくなりましたか?

 

これらは、クリック率とか細かいこと言いだすとキリがないので、言っておきます。「どれでもいいです」、もはやこれに関しては好みで選んで良いんです、自分が好きなデザインで内部リンクしましょう。

ぼくの場合は、まんべんなく使っていますし、気分で変えたりもしています。

②:「記事から記事へ」自然に紹介する

記事から記事に自然に紹介しましょう。

関連性のない記事を、いきなり紹介しても読者の方は絶対に見てくれません。あくまで必要な場所に自然に紹介するように内部リンクはつけましょう。

不必要な場所にリンクを置く意味はありません。

②読者が「役立つようなリンク」が重要

例えば、「iPhone」についての記事を書くとします。

ではどんなリンクが役に立つでしょうか?

「iPhone」を見た人で、「もしかしたらフィルムを探していないかな?」とか「ケースやカバーは探していないかな?」とか関連している上で悩みとなるような記事を内部リンクします。

  • おすすめのiPhoneフィルム
  • おすすめのiPhoneケース
  • おすすめのiPhoneアプリ

などなど

悩みを解決するための「読者の気持ちになって考える」ことが重要になります。

■「木」をイメージして計画してリンクを形成する

初心者ブロガーほど計画をせずに記事を書くことが多い印象にあります。

内部リンクは「木」のイメージを持って計画します。

木の幹(ジャンル)」→「枝(カテゴリー)」→「葉(記事)」みたいなイメージですね。

この「葉」同士を繋げていくのが内部リンクです。

■3記事書いたら1回やるくらいの「ルーティン」に

ちなみに3記事書いたら、1回全部を見直すみたいな感じにすると良いです。

なぜなら「サボる」からです。

最初はいいですけど、ルーティン(習慣)にしないと、ついついサボっちゃうんですよね。そしたら今度は忘れちゃうんです。

めんどくさいかもしれませんが、かなり大きい効果があるので、3記事に一回は見直して内部対策をしましょう。

 

終わりに

きし
きし
SEO内部対策をまとめてみました。
つま
つま
内部対策は母数(記事数)が増えれば増えるほど大きな効果が期待できます。

母数が増えれば、その分たくさんの回遊にも繋がります。

1人の読者が1記事だけでなく、たくさんの記事を見てくれると、PVは簡単に増やせることになります。外部のSEO対策も重要ですが、内部も同じように重要になります。

さらに、内部対策をすると、良いコンテンツだとGoogleだけでなく読者の方にも思ってもらえるようになるので一石二鳥です。

ある程度記事が溜まっているブロガーさんは、自分のブログを見直してみましょう。

ABOUT ME
岸 和希
岸 和希
自分の願望を全て叶えるために、自分の力で稼ぐ美容師。 美容師リーマン時代、美容師歴10年以上経験してからブログ運営にチャレンジ。「人生を楽しむ」をモットーに発信しています。