ブログ・コンサル依頼ページ
モブログ

モブログに最適アプリ|Tweetの埋め込みが楽々になる「CodeCapture」

  • スマホでTweetの埋め込み画面をつくるのは大変?

当記事はモブログでも簡単にできるTwitter活用術をお話していきます。

 

Tweetの埋め込み画面とはこういうの↓

こんな感じで、Tweetを簡単に記事を埋め込むことができるので、Twitterはブログをしている人にとって楽しむ以外にも組み合わせることができる便利ツールです。

しかし、モブログ(モバイルブログ)をしている人はTweetを埋め込むのは大変です。

そこで、アプリで楽々に解決することができたので、Tweetを簡単に埋め込むことができるアプリ「CodeCapture」についてご紹介していきます。

モブログでもTweetを埋め込むことはできるが…

きし
きし
スマホでもTweetを埋め込むことはできます。でも決して簡単ではありません。
つま
つま
やってみれば分かるのですが、とても面倒くさいんです。

パソコンの場合は、ブラウザでTweetを開いて、Tweetの右上にあるマークをクリックして「Tweetをサイトに埋め込む」のコードをコピべするだけ。

パソコンで作業したら20秒ほどで終わります。

しかし、スマホの場合は作業工程が増えます。

スマホでTweetを埋め込む工程
  1. アプリ「Chrome」をインストール
  2. ブラウザで「PC版サイトをリクエスト」する
  3. Twitterを開く
  4. 「Tweetをサイトに埋め込む」コードを取得する
  5. ブログに貼り付ける

しかも、連続でしてると落ちるし、コピーもしづらいし、超大変なんです。パソコンだったらあっという間に終わる作業も、スマホだと一苦労です。

しかし、1つのアプリを使えばパソコン並みに簡単に作業することができます。

 

「CodeCapture」は超簡単でモブログに最適

きし
きし
CodeCaptureというアプリは、そんな大変なTweet埋め込み作業を超効率的にしてくれる便利アプリです。
つま
つま
有料のアプリですが、あまりの使い勝手の良さに記事にしました。
CodeCapture
480円
(2018.08.23時点)
posted with ポチレバ

 

実際に、リード文で紹介したTweetはスマホからTweetを貼り付けています。

所要時間は15秒ほどで、パソコンと同じくそれよりもさらに手軽に作業できます。

まずはTweetのURLをコピーします。

Tweetをとりあえずしておけば、ブログ記事をする時間を分散化することができるので、Twitterはとても便利なツールです。

コピーしたら、あとは「CodeCapture」を開くだけです。

コピーしたURLは自動で貼り付けられているし、過去使用したURLもログとして残っているのも便利です。

それをコピーして貼り付けるだけです。超簡単でしょ?

さらに、コピーしつつアプリを開くこともできます。

WordPressのテキストエディタでおすすめな「PressSync」もあるので、連携させると効率化になります。

あわせて読みたい
【初心者必見】一から分かる「PressSync」設定と使い方|ワードプレスブログのおすすめテキストエディタの全てが分かる ログイン出来ない 上手く使いこなせない PressSyncを使いたいけどどうすればいいの? 当記事は、...

 

終わりに

きし
きし
今回、モブログの効率化になるアプリの「CodeCapture」をご紹介しました。
つま
つま
モブログにとって効率化は命です。自分の作業が捗るように工夫をしましょう。

出かけ先でも、すきま時間でも書けるモブログはとても素晴らしいです。

ぼくは、どちらが良いとかは言うつもりはなくて、パソコンとモバイルの両方で書けるようにしておくべきだと考えています。

自分自身、パソコンでも書くし出かけ先でモブログもしていますしね。

しかし、デフォルトの状態では作業ができたもんではありません。

自分の作業が捗るようにカスタマイズすることで、パソコンなしでもハイクオリティの記事を書くことができるようになるので、この機会にチャレンジしてみましょう。

 

ABOUT ME
岸 和希
岸 和希
自分の願望を全て叶えるために、自分の力で稼ぐ美容師。 美容師リーマン時代、美容師歴10年以上経験してからブログ運営にチャレンジ。「人生を楽しむ」をモットーに発信しています。