ブログ・コンサル依頼ページ
SEO対策

【見やすいブログの書き方】記事を見やすくするための7(セブン)ルール

当記事では、SEO対策に効果的な「記事の書き方」ついてお話していきます。

 

前回の記事では、「読まれやすい文章の3つのポイント」についてお話しました、まだの方はぜひそちらも参考にしてみてくださいね。

ブロガーならすべき目標というか目的というのか、よく聞くのが「SEO対策(検索エンジン最適化)」です。

さまざまな戦略がありますが、おそらくほとんどの人この「SEO対策」を軸にして派生していきます。

SEOとは、”Search Engine Optimization(サーチエンジンオプティマイゼーション)” の略であり、検索エンジン最適化を意味する言葉です。

検索結果でWebサイトがより多く露出されるために行う一連の取り組みのことを”SEO対策”と呼びます。

しかし、

「見やすい記事の作り方が分からない…」

「上手く記事が書けない…」

と、悩んでいる人も少なくないはずです。

上手な人の記事の書き方は、簡単なようでいくつもの工夫やルールなどがあり、熟練された人ほど見やすい記事になっています

そこで、ぼくなりに記事を見やすくするための7(セブン)ルールを分かりやすくお話していきます。

 

記事を見やすくなる7(セブン)ルール

きし
きし
記事を見やすくする10の方法についてお話していきます。
つま
つま
実は、読みやすい記事や見やすい記事は直感的に感じていることがほとんどです。

ぼく達は、日々物事を慎重に考えて決めているように思っていますが、実はその大半は超っ感で決めています。

例えば…

当記事では、SEO対策に効果的な「記事の書き方」ついてお話していきます。前回の記事では読まれやすい文章の3つのポイントについてお話しました、まだの方はぜひそちらも参考にしてみてくださいね。ブロガーならすべき目標というか目的というのか、よく聞くのが「SEO対策(検索エンジン最適化)」です。さまざまな戦略がありますが、おそらくほとんどの人この「SEO対策」を軸にして派生していきます。SEOとは、”Search Engine Optimization(サーチエンジンオプティマイゼーション)” の略であり、検索エンジン最適化を意味する言葉です。検索結果でWebサイトがより多く露出されるために行う一連の取り組みのことを”SEO対策”と呼びます。しかしなんか見やすい記事の作り方が分からないと、悩んでいる人も少なくないはずです。そこで、記事を見やすくするための10のコツを分かりやすくお話していきます。

上記の文章は、この記事のリード文を工夫なく書いているものです。

これを見るとおそらく「見にくい文章だな…」と感じるはずです。

しかし、文章自体は全く同じです。

つまり、脳は内容うんぬんよりも、パッと見て直感でインプットするようにできています

どれだけコンテンツ力が高いブログでも、見た目がダメなら、それだけで読んでもらえないということが起こります。

とくにネットではたくさんの情報がありふれていますから、わざわざ読みにくい記事を読む必要はありませんからね。

そのため、直感で読みやすいと感じてもらうための「7(セブン)ルール」をまとめました。

セブンルール
  1. 改行と行間に気を配りリズムを意識する
  2. 漢字とひらがなのバランスを7:3ぐらいにする
  3. 箇条書き(リスト書き)で要点を整理する
  4. 情報のカテゴライズをする
  5. いらない文章はカットして長くなりすぎないようにする
  6. 文字のサイズ、色をテンプレ化する
  7. 写真・イラストを使う

それぞれ分かりやすくお話していきます。

その①:改行と行間に気を配りリズムを意識する

改行と行間には気を配りリズムを意識しないと、見づらい文章になり、良いコンテンツでも読まれなくなります。

上記でも紹介しましたが、ぎゅうぎゅうの文章は読みにくいので、読みやすい文章には、「改行」と「行間」を上手く使って見やすくしています。

ぼくは、1つの文節で「。」を使ったら改行して、3〜4行に一度は行間を空けるようにしています。

 

その②:漢字とひらがなのバランスを7:3ぐらいにする

ブログを書いていると、変換機能もあるからいつも使わないような漢字が多くなりそうですが、ひらがなとのバランスが考える必要があります。

  1. 漢字のメリットは「アクセント」や「強調」
  2. ひらがなのメリットは「分かりやすさ」と「間違いがない」
漢字表記ひらがな
併せてあわせて
言ういう
頂くいいただく
一旦いったん
嬉しいうれしい
出来るできる

文章全体に漢字が多いということは、「読みにくさ」を与えてしまいます。逆にひらがなにした方が分かりやすくなります。

しかし、ひらがなばかりの文章も平坦で読みづらくもなります。

あくまで、「漢字」と「ひらがな」のバランスを考えた「優しい文章」を心がけましょう。ぼくは、小学生でも理解できるような記事づくりを意識しています。

 

その③:箇条書き(リスト書き)で要点を整理する

文章の中に箇条書き(リスト)を使うことで、情報を見やすくすることができます。

例えば…

箇条書きのメリット

  • 要点が分かりやすい
  • 視覚的に見やすくなる
  • 全体的に見通しやすくなる

箇条書きのメリットは、要点が分かりやすくなり、視覚的にも見やすくなります。さらに全体的に見通しやすくもなるので、箇条書きを積極的に入れていきましょう。

どうですか?文章にするのと箇条書きにするのとでは、全然違うと思いませんか?

とくに伝えたいことが、1つではなくいくつかある場合には効果バツグンです。

整理しておくことで、見たい情報を簡単に探すことができるので、読みづらさを削り負担をへらすことができます。

 

その④:情報のカテゴライズをする

長い記事であればあるほど、どこに何が書かれているのかが読みづらくなります。そこで記事のカテゴライズしておくことで、まとまりのある記事になってくれます。

  1. リード文
  2. 中見出し(h2)
  3. 小見出し(h3)
  4. まとめ

それぞれで記事の中にカテゴリライズしておくことで、読んでいる人が目次から探しやすかったりして、心理的負担が減ります。

 

その⑤:いらない文章はカットして長くなりすぎないようにする

長い文章でもリズムが良ければ、読んでもらえるでしょう。

しかし不必要に長い記事は途中でつかれてくるので、何回も読み直していらない文章や言葉は思い切ってカットしましょう。

 

その⑥:文字のサイズや色にも気を配る

文字のサイズや、色にも気を配ることで見やすさにも繋がります。

例えば、ぼくの場合…

  • 文字を太字強調
  • 赤色
  • 黄色のマーカー
  • サイズを20〜28px

この4種類を使い分けています。

1つの見出しに大体多くて2つほど入れて、見やすくします。

入れすぎると逆に読みづらくもなるので注意が必要です。

 

その⑦:写真(画像)・イラストを使う

写真はとても効果的です。

百聞は一見しかず」ということわざがあるように、写真(画像)を使うことで直感でイメージしやすかったり、図解などもあり文章よりも分かりやすかったりもします。

この記事ではあえて見出し毎に画像を使ってみましたが、いかがですか?

読みづらいですか?読みやすいですか?もちろん好みはあると思いますが、長すぎる文章では読みやすくするために画像を差し込むと、言葉だけで表現するのが厳しいときに効果があります

言葉は万能ではありませんからね。

 

終わりに

きし
きし
見やすくなるための文章の書き方をまとめました。
つま
つま
すぐにできることばかりをまとめているので、参考にしてくださいね。

この記事の内容は、文章という「空間」に足を運んでもらって楽しんでもらうためのおもてなしするノウハウだと考えてください。

ぼく自身、記事を書く時は何回も読み直して、書き直しています。最終的には「あ〜、いい記事だな〜」と思うまで作業をします。

結局は、読者が読みやすいというよりも「自分自身が読みやすい記事」を作り込んでいるかどうかということです。

それが、あなたが読者に提供できる「コンテンツ」なのです。

ABOUT ME
岸 和希
岸 和希
自分の願望を全て叶えるために、自分の力で稼ぐ美容師。 美容師リーマン時代、美容師歴10年以上経験してからブログ運営にチャレンジ。「人生を楽しむ」をモットーに発信しています。