アクセスを増やすための文章術!ブログ記事を書くコツについて

 




この記事を書いている人 - WRITER -


このサイトを運営している「てんちょー」です。本業を充実させながら副業で収入を得ています。たくさんの人に人生を楽しみながら副業をするための情報を発信していきたいと考えています。

てんちょー

この記事を書いている人 - WRITER -

サイトデザインがある程度完成させたら記事をどんどんと量産していきましょう。

すべての文章術に関して書き始めると、この記事自体の終わりがなくなるので、私が最低限必要だと感じている事をご紹介させていただきます。

ブログ記事の6つポイント
  1. カテゴリーを決める
  2. ペルソナ設定について
  3. タイトル
  4. 見出し
  5. スマホでの見直し

カテゴリーを決める

さて、まず記事を書く前に、自分の頭の中を整理しよう。闇雲に書いていてもまとまらないし、何よりも良い記事を書く事ができないからね。

てんちょー

なるほどですね。ゆっくりと慌てないことが大切だということですね。

うさぎくん

こちらにも書いていますが、「ブログテーマを決めよう」ではテーマをある程度決めてから、サイトをイメージしますが、イメージをしていれば次に必要になってくるのは「カテゴリー」です。

カテゴリーというのは、シンプルに言えばあなたのつくったサイトを細分化する事です。例として1つ作ってみました。

美よし

サクッと考えたものなので、本来はもっとキチンとしたものを持つべきですが、大枠はこんな感じです。

これらをテーマ事に考える事で記事を書く事もできるし、カテゴリーに分ける事で明確に何を書くべきが頭の中にイメージできるようになります。

つまりテーマがキチンとあれば、いくらでもカテゴリーが生まれ、たくさん記事を量産する事ができるのです。

ペルソナ設定について

うさぎくんは「ペルソナ設定」というものを知っているかな?

てんちょー

・・ペル・・ソナ?

うさぎくん

カテゴリーを決めた後は、どのようなユーザーにサイトに来てもらって、たくさんの記事を見てもらうのかという事を明確にしないといけません。

闇雲に記事を書いていても、ユーザーの心を掴むことはできません。「また見に来たい!!」と思わせる記事を書く必要があるのです。

そのためには、ターゲットを明確にする事が必要になり、これをペルソナ設定とも呼ばれています。このペルソナを明確化することによって、記事がそのユーザーの役に立つコンテンツとなり、記事のアクセスはどんどんと増えていくのです。

なるほど、これがペルソナ設定なのですね!確かにこれはとてもメリットがたくさんありますね!

うさぎくん

そうだね、しっかりと明確化してから記事を書くと良質なサイトになっていくよ。

てんちょー

ではここでペルソナ設定の一例をご紹介します。

ペルソナ一例[/keikou]

20代男性。毎日仕事にはやりがいをもっているし、充実感というのもあるものの、将来への不安を感じている。手取りも20万円を少し超える程度で上がる見込みを薄いという感じ、将来の独立への不安、経済的不安を感じ少しでも収入源を増やそうと、本業を疎かにしない副業をさがしていて、ブログで収益を得られる事を知ったが、やり方がよくわかっていない。

このようにペルソナ設定をしておくことで、どのような事に困って悩んでいるかが理解が深まり、その悩みに対しての記事を書く事で、サイトにまた来てくれる可能性が高くなるということです。

タイトル設定

タイトルというのはユーザーにとっては入り口にあたるものだからとても重要になるんだ、だから記事の内容と同じくらい慎重に決める必要になるんだ。

てんちょー

タイトルというのはとても重要なポジションになります。そのため決める時は慎重に決める必要があります。

例えば、あなたはGoogle先生で何かを調べる時は、何を目安にしてクリックしますか?多くは自分の悩みを解決してくれそうなタイトルに魅力を感じます。

そのためにタイトルにはキーワードを最低でも2つは入れるようにしましょう。

ダメな例
  • 今日はなんと「○○○」の日だった!!!
  • 今日のお昼ごはんはうどん。

記事を見てもらうために、あえて隠していたり、ただの日記みたいなタイトルではユーザーの方は興味は惹かれません。キーワードはできるだけタイトルに入れるようにしたいり、役に立つようなタイトルにしましょう。

確かに!よくわからないタイトルの時はスルーをする事がよくありますからね!

うさぎくん

見出し設定

見出しとは記事の中にあるテーマみたいなものと認識してもらえれば分かりやすいかな。記事全体の骨組みみたいなものだよ

てんちょー

これはどのブログでも共通になることですが、「hタグ」と呼ばれているHTMLの事です。

タイトルが「h1」で、記事の中で使うのは「h2」「h3」「h4」というものです。

私は「h2」「h3」「h4」までをよく使うようにしています。このようにして見出しを使うことによって、ユーザーがいかに見やすくなるか、スマホで閲覧するスマホユーザーが多くなる中、スクロールされる中でいかに手をとめて見てもらえるかを考える必要があるのです。

なるほど、確かに見出しがない記事は一気にスクロールして終わっているということもありますよね。

うさぎくん

スマホでの見直し

上記にもあるように、スマホユーザーが増えてきています。このサイト自体もスマホユーザーが6割以上もいてます。そのためにスマホでいかに見やすいレイアウトにするかというのも、コンテンツ並に大事になります。

 

左がPC、右がスマホ表示になります。改行や文字の配置など気をつけないと見にくいブログになっていまします。

私は記事制作をする際は、スマホ用に1番狭い幅で制作をするようにして、最後ではスマホプレビューをしながら修正をします。

スマホの閲覧はとても多くなってきているので、PCはもちろんスマホのレイアウトも大切にしよう!

てんちょー

僕もほとんどがスマホで調べますね。スマホでの見た感じを大切にします!

うさぎくん

まとめると良質な記事を書くという事

全ての事に言える事なんだけど、いかにユーザーの事を考えられた良質な記事を書くかということが重要なんだよ!

てんちょー

Googleは検索結果をより良いものにできるように、日々変化しています。ユーザーに役に立つ「良質な記事」を上位表示させるようになっているのです。

そのために良質な記事を書く事で、Googleに上位表示される可能性が増え、上位行事されることによってユーザーに見てもらう回数も増えてきます。

良質な記事というのはブログを書く人にとっては一生のテーマです。そのぐらい書く人によって様々な意見があります、その中で共通していることは、いかに読みやすく、分かりやすく、考えられた記事かという事になります。

そのためしっかりと記事の質にはこだわって、作るようにしましょう。

ありがとうございます!勉強になります!!

うさぎくん

この記事を書いている人 - WRITER -