ブログ・コンサル依頼ページ
SEO対策

【実証済】「strong/bタグ(太字・強調)」が少ないとSEO対策になる理由

当記事では、strongタグ(太字・強調)が少なくした方がSEO対策になる理由についてお話していきます。

 

よくブログを読ませやすくするために、

  • 太字(strong/b)
  • マーカー
  • 文字サイズ
  • 文字色

での賛否両論があります。

これ自体、どちらでも良いと考えていますし、ぼく自身全てを使う時もあるぐらいなので、見やすければ何でもいいと考えています。

しかし、注意しているのが、太字はあまり使わないということです。

それは、SEOにも効果的な太字(strong/b)は使い方によっては、足を引っ張る可能性があるからです。

ということで今回の記事では、よく使いやすい「strongタグ(太字)」についてお話していきます。

 

そもそも「strongタグ」とは?

きし
きし
まずは「strongタグ」の意味についてお話していきます。
つま
つま
ブログ更新をする上では、必需と言ってもいいタグですね。

strongタグの意味は、太字にして文字の意味を強調するとあります。

とても簡単に編集できることもある上に、読者に読んで欲しいところに入れたりすることで、読ませやすいブログにすることから、初心者から上級者に愛用されています。

類似している基本タグ

似ているタグ一覧
  • b:文字を太くする
  • strong:意味を強調して太くする
  • em:意味を強調して色をつける
  • i:意味を強調してななめにする

とくに、strongとbは同じ太文字にすることから、「これの違いって何?」って聞かれることがありますが、上記のような意味の違いがあるだけです。

しかし、Googleからは「SEO効果」は同じと発表されているので、意味が違うだけでほぼ同じになります。

ぼくの場合は、SEO効果が同じなので、strongを優先して使用するようにしています。

 

strongタグを考えて使うことでSEO対策になる

きし
きし
では、「strongタグを考えて使う」についてお話していきます。
つま
つま
検証して出した結果なので、好みにも分かれるの参考程度にしてくださいね。

個人的に、strongタグが多すぎるとSEO的には不利だと考えています。

この記事のリード文で例えてみます。

あわせて読みたい
【結果が出なくて挫折しそうなあなたへ】ブログを止めるタイミングについてこんにちは、岸です。 最近すごくもったいなぁと感じることがあって、それは「ブログをやめてしまうこと」です。 せっかく始めたブ...

太字ばかりで見やすくを意識

こんにちは、岸です。

最近すごくもったいなぁと感じることがあって、それは「ブログをやめてしまうこと」です。

せっかく始めたブログも結果を出さずにやめてしまうのって、超絶もったいないんですよね。

だってぼくの中では、ブログをしていたら、「どこかのタイミングでアクセス(PV)が爆増する」と考えているからです。

これはバズとかじゃなくて、SEOによって。(もちろんSEO対策をしている前提での話)

実際にぼくがそうだったので。

今回の記事では、ブログを書いていたらアクセスが増えるタイミングがあるということと、ブログを止めることに対してをお話していきます。

本来の状態

こんにちは、岸です。

最近すごくもったいなぁと感じることがあって、それは「ブログをやめてしまうこと」です。

せっかく始めたブログも結果を出さずにやめてしまうのって、超絶もったいないんですよね。

だってぼくの中では、ブログをしていたら、「どこかのタイミングでアクセス(PV)が爆増する」と考えているからです。

これはバズとかじゃなくて、SEOによって。(もちろんSEO対策をしている前提での話)

実際にぼくがそうだったので。

今回の記事では、ブログを書いていたらアクセスが増えるタイミングがあるということと、ブログを止めることに対してをお話していきます。

どちらがいいでしょうか?と聞くよりも、どちらが自分好みでしょうか?と聞くほうが正しいかもしれません。

前者は少し分かりやすく極端にしてしまいましたが、前者だと強調したいものがどれかが分かりづらくGoogleが迷子になってしまいます。

一方で後者の場合、「せっかく始めたブログも結果を出さずにやめてしまうのって、超絶もったいないんですよね。」の文節にのみstrongを使っているので、「ブログ・やめる」というクエリに対して、SEOを狙っているということになります。

つまり、考えて使用することでSEO対策に貢献できるという考え方です。

さらに分かりやすくポイントをまとめてみました。

  • 狙いたいクエリを絞る
  • 読みやすくするために「span」を使う
  • 正解はないから試行錯誤する

順番にお話していきます。

狙いたいクエリを絞る

上記で紹介したように、狙いたいクエリに絞って、strongタグを使用することでSEO対策になります。とくに大事とされている「リード文」で一つは使うことをおすすめしています。

別の記事で詳しく書いていますが、冒頭(リード文)では結論を言うことを推奨しているからです。

あわせて読みたい
【SEO対策の文章の書き方】冒頭では「結論を先に言う」は効果的!当記事では、SEO対策に効果的な「記事の書き方」ついてお話していきます。 前回の記事では、「SEO対策に効果的なまとめ記事...

つまり、結論を書いているということは、狙っているクエリを数個は入れているからです。リード文にクエリを入れることで、SEO対策にもなる上に、そのワードや文節に対してstrongタグを使用することで、より効果が高いはずです。

strongタグよりもspanタグの方がおすすめ

男性
男性
でも、そんなこと言ってたら、読みにくいブログになっちゃうしな…

という意見もいただいたのですが、自分の見解としては、

strongよりも「span」タグを使用しています。

つまり、CSSでspanタグをつくるか、最初から設定されているWordPressテーマを使うことで見やすいし、読みやすいブログをつくることができるのです。

「読みやすい文章」と「求められている情報」は違う

ニーズ(欲しているもの)とウォンツ(必要なもの)が違うようにして、

製作者側が読んで欲しい情報と、読者が読みたい情報は違いますよね。

「読みにくいなぁ〜」と感じていても読みやすいブログだったり、「よし!これは読みやすい!」と思っていても読者からすると読みにくいブログだったりするように、感じ方は人それぞれです。

つまり、自分で考えて色々と試行錯誤するのが一番良いのです。

ぼくはたくさんの検証をして、今は「シンプルであまりタグは加えない」という考えに至ります。かと言ってゴリゴリにマーカーをつけまくったり、太字をつけまくったりしているのを「見にくい」とは思いません。

だってその人の個性なんだから。

「正解」なんてない

結局のところ正解なんてないんですよね。

クエリによってstrongタグの最適値の数は変わるから、この記事を見たから「strongを減らさなきゃ」って思う必要は全然ないんです。

SEO対策でstrongを使う人もいれば、見やすくするためにstrongを使うやり方もあっていいんです。

ただ知っているのと知っていないので全然違うなぁとも感じるので、記事にしてみました。

 

終わりに

きし
きし
strongとSEOについてお話してみました。
つま
つま
この記事が誰かの役に立ってくれると嬉しいです。

ぼくは、SEOを結構考えちゃうタイプなので、こういう情報はあったら即実践して検証します。

まぁこうのが好きな質なんですよね。あなたはいかがですか?全てのページではなくとも、いくつか試してみるともっとブログ書くのが楽しくなりますよ。

以上です。ご参考になれば幸いです。

ABOUT ME
岸 和希
岸 和希
自分の願望を全て叶えるために、自分の力で稼ぐ美容師。 美容師リーマン時代、美容師歴10年以上経験してからブログ運営にチャレンジ。「人生を楽しむ」をモットーに発信しています。