ブログ・コンサル依頼ページ

【初心者SEO入門書】ブロガーがすべき10のことを徹底解説

当記事では、初心者ブロガーにおすすめするSEO対策についてお話していきます。

 

こんにちは、岸です。

ブロガーならすべき目標というか目的というのか、よく聞くのが「SEO対策(検索エンジン最適化)」です。

さまざまな戦略がありますが、おそらくほとんどの人この「SEO対策」を軸にして派生していきます。

しかし、「SEO対策って何したらいいか分からない」って初心者は思ってしまうはずです。

そこで、ブログで60万PVまで上げたノウハウを分かりやすくお話していきます。

今回の記事では、初心者ブロガーがSEO対策をする10ポイントをまとめてみたので、できることから始めてみてください。

「SEO」の基本

きし
きし
まずは、SEOについてお話します。
つま
つま
ブログのアクセスを増やすためには「SEO」を軸にコンテンツを改善していきます。

SEOとは、”Search Engine Optimization(サーチエンジンオプティマイゼーション)” の略であり、検索エンジン最適化を意味する言葉です。

検索結果でWebサイトがより多く露出されるために行う一連の取り組みのことを”SEO対策”と呼びます。

検索エンジン=「Google」のことです。

「検索意図」と「検索結果」の関係

検索エンジンは、検索エンジンを使う人たちが、どういう「意図」もって検索しているかという「検索意図」を推測して検索結果を返しています。

例えば、「iPhone カバー」というキーワードで検索する人たちの多くは、iPhoneの特定のカバーを探そうとしているわけでなく、「iPhoneにはどんなカバーがあるのか?」という情報を知りたいケースも多いです。

だから、「iPhone カバー」というキーワードの検索結果には、網羅的にまとめられているページが上位表示されやすいのです。

つまり

検索エンジンを使う読者の「意図」を満足させるコンテンツが必要

となるのです。

「品質の高いコンテンツ」を考える

上位のコンテンツを参考にしつつ、他にはない「オリジナル」のブログにする必要があります。

検索エンジンを使う読者は、面白いものを求めているわけではなく、「情報」を求めています。

もし、自分だったらどんな記事なら読むのか?

どんな情報が欲しいのか?

読者の立場になって考えることがとても重要になります。

コンテンツを考える3つの要素
  1. 専門性
  2. 網羅性
  3. 信頼性

これらを満たしたコンテンツは「品質の高い」とGoogleからも、読者からも思ってもらえるものになるでしょう。

 

SEO対策するための『10のポイント』

きし
きし
それでは、SEO対策するポイントをまとめたので、できることから参考にしてください。
つま
つま
SEOだけを意識するとオリジナリティが少なくなってしまうので、読者の気持ちになりながら作るのを前提に考えましょう。

品質の高いコンテンツにするためにすべき3つの要素と言われても、抽象的すぎて分からないと思います。

そこで、さらに具体的に進めるために10のポイントにまとめてみました。

10のポイント
  1. SEOには「まとめ記事」がおすすめ
  2. 「結論は先に書く」ということ
  3. 攻めるばかりじゃなく「守りも固める」
  4. 文章を読んでもらうポイント
  5. 記事を見やすくなる「セブンルール」
  6. 分かりやすい記事の「3つの要素」
  7. おすすめ「リライト10項目」
  8. 初心者が陥りやすい「重複コンテンツ」について
  9. 本文に色は使いすぎない方がいい理由
  10. 見てもらいやすいタイトルの作り方

それなりにボリュームのあるまとめ記事にしているので、読み漁り自分の参考になるものを見つけてもらえればと思います。

それぞれを分かりやすくお話していきます。

SEO対策には「まとめ記事」がおすすめ

きし
きし
まずは、「まとめ記事」についてお話していきます。
つま
つま
まとめ記事とは、関連するコンテンツをまとめているのが「まとめ記事」です。

ちょっとざっくりしすぎかもしれませんが、ややこしく書くと余計に難易度高くなりそうなんで、こんな感じです。

このまとめ記事の作り方は2つあります。

  1. 「まとめ記事」を作ってから、誘導記事を作る
  2. 基礎記事を作ってから、「まとめ記事」をつくる

これはどちらがいいとかはないので、ご自身の作りやすい方でいいと思います。

 

初心者の内はとにかく記事を書くということです。

自分自身の渾身の1記事ができれば、それをまとめ記事にすればいいし、「ボリュームが足りないなぁ〜」って思うんであれば記事同士を合わせてまとめ記事にすればいいしって感じです。

10記事ぐらい熱中して書けるカテゴリーがあるなら、とりあえず書いてみてまとめる。それだけでも立派なまとめ記事になります。

しかし、その中でもまとめ記事の注意点を意識するだけでもコンテンツの質としては、全然違うものになります。

そんなまとめ記事の注意点をまとめてみました。

>>初心者ブロガーのSEO対策まとめ記事

あわせて読みたい
【まとめ記事の注意点】初心者ブロガーのSEO対策まとめ記事当記事では、SEO対策に効果的な「まとめ記事」ついてお話していきます。 ブロガーならすべき目標というか目的というのか、よく...

 

SEO対策するなら「結論は先に言え」

きし
きし
なぜ「結論から先に言う」のか?
つま
つま
なぜ効果的なのかをお話していきます。

なぜSEO対策に効果的なのか?

それは記事を最後まで読んでもらう「読了」させることが、Googleに良いコンテンツだと思ってもらえるからです。

読了とは、「読んで納得すること」です。

もっと分かりやすく言うと、記事の「滞在時間」と「スクロール」されているかどうかです。

  • 滞在時間は長いか
  • スクロールで動いているか

この2点の要素が大きいです。

記事を開いているだけでもダメだし、文字を読んでいないであろうスピードでスクロールしていても良いコンテンツと判断されにくいです。

そのために「読了」してもらうために、結論を先に書くべきです!

例えば、何かで悩んでいたら、大半の人が悩みを解消するためにググったりして原因を探します。そして探した結果にブログ記事やサイト記事にたどり着きます。

しかし、中身が全然見当違いだとしたら、さっさと次の記事に行きますよね?

だって「読者」は忙しいから、そんな忙しい読者の方のためには、まずリード文にどんな記事なのかを分かりやすい書いて、「結論から書く」を徹底させる必要があるんです。

 

次に、結論から書いても記事を読了させるためのコツをお話していきます。

>>冒頭では「結論を先に言う」

あわせて読みたい
【SEO対策の文章の書き方】冒頭では「結論を先に言う」は効果的!当記事では、SEO対策に効果的な「記事の書き方」ついてお話していきます。 前回の記事では、「SEO対策に効果的なまとめ記事...

 

「SEO内部対策」について

きし
きし
SEOでは記事を書いて対策する「外部対策」と、ブログ内でする「内部対策」の2種類があります。
つま
つま
これはどちらが良いとかでなく、両方とも大事になるので必ず対策するようにしましょう。

ブログでは、新記事をどんどん書いてSEOの「外部対策」をしていきます。

それが溜まってくると、ブログ内で「内部対策」をするとより効果的となります。

SEO内部対策には3つの目的があります。

  1. 必要な情報を提供する
  2. 読者の離脱を減らす
  3. Googleに良いコンテンツと認識してもらう

この3つが大きな目的になります。

読者があなたの記事を見にくれた時に、「良い記事だな〜、なんかもっと見たいな〜。」と感じてくれたとします。

そんな時に、関連記事やあなたに興味をもってもらうための「記事B」や「記事C」があれば、きっと読者の方は見てくれるはずです。

 

1人の読者が来てくれて、1記事だけでなく2記事、3記事と見てくれた場合、PVが2倍3倍になっていきます。さらにそれはGoogleに良い評価をもらえるとされているのです。

つまり、外部対策として記事を書いて検索流入から呼び込んできた読者の方に対して、アプローチするのが内部対策というわけです。

では、内部対策をする時の注意点をお話していきます。

>>>SEO内部対策

あわせて読みたい
【SEOは内部対策も重要】記事が増えたら「内部リンク」で記事同士を繋げる当記事では、SEO対策に効果的な「記事の書き方」ついてお話していきます。 前回の記事では、「SEO対策に記事の書き方」につ...

 

文章を読んでもらうための必要の「3つのこと」

きし
きし
文章を読んでもらうために必要なことをお話していきます。
つま
つま
とくに大事になるのは「3つ」あります。

読者が読みたくなる文章を書くということは、Googleが大切にしている「利便性」につながるので、結果としてSEOにも効果的です。

これは文章という空間に足を運んでもらうためのおもてなしするためのノウハウだと考えてください。それが、あなたが読者に提供できる「コンテンツ」なのです。

読んでもらうための3つのポイント
  1. 感情表現を入れ共感する
  2. 見やすさと分かりやすさをこだわる
  3. 伝えたいことをまとめる

それぞれを分かりやすくお話します。

>>分かりやすい文章を書く

あわせて読みたい
SEO対策の読まれやすい文章を書くための『3つのポイント』当記事では、SEO対策に効果的な「記事の書き方」ついてお話していきます。 前回の記事では、「SEOは内部対策も重要」につい...

 

記事を見やすくなる7(セブン)ルール

きし
きし
記事を見やすくする10の方法についてお話していきます。
つま
つま
実は、読みやすい記事や見やすい記事は直感的に感じていることがほとんどです。

ぼく達は、日々物事を慎重に考えて決めているように思っていますが、実はその大半は超っ感で決めています。

例えば…

当記事では、SEO対策に効果的な「記事の書き方」ついてお話していきます。前回の記事では読まれやすい文章の3つのポイントについてお話しました、まだの方はぜひそちらも参考にしてみてくださいね。ブロガーならすべき目標というか目的というのか、よく聞くのが「SEO対策(検索エンジン最適化)」です。さまざまな戦略がありますが、おそらくほとんどの人この「SEO対策」を軸にして派生していきます。SEOとは、”Search Engine Optimization(サーチエンジンオプティマイゼーション)” の略であり、検索エンジン最適化を意味する言葉です。検索結果でWebサイトがより多く露出されるために行う一連の取り組みのことを”SEO対策”と呼びます。しかしなんか見やすい記事の作り方が分からないと、悩んでいる人も少なくないはずです。そこで、記事を見やすくするための10のコツを分かりやすくお話していきます。

上記の文章は、この記事のリード文を工夫なく書いているものです。

これを見るとおそらく「見にくい文章だな…」と感じるはずです。

しかし、文章自体は全く同じです。

つまり、脳は内容うんぬんよりも、パッと見て直感でインプットするようにできています

どれだけコンテンツ力が高いブログでも、見た目がダメなら、それだけで読んでもらえないということが起こります。

とくにネットではたくさんの情報がありふれていますから、わざわざ読みにくい記事を読む必要はありませんからね。

そのため、直感で読みやすいと感じてもらうための「7(セブン)ルール」をまとめました。

セブンルール
  1. 改行と行間に気を配りリズムを意識する
  2. 漢字とひらがなのバランスを7:3ぐらいにする
  3. 箇条書き(リスト書き)で要点を整理する
  4. 情報のカテゴライズをする
  5. いらない文章はカットして長くなりすぎないようにする
  6. 文字のサイズ、色をテンプレ化する
  7. 写真・イラストを使う

それぞれ分かりやすくお話していきます。

>>記事を見やすくするためのセブンルール

あわせて読みたい
【見やすいブログの書き方】記事を見やすくするための7(セブン)ルール当記事では、SEO対策に効果的な「記事の書き方」ついてお話していきます。 前回の記事では、「読まれやすい文章の3つのポイン...

 

分かりやすい文章を構成する3つの要素

きし
きし
分かりやすいための論理的な文章を構成についてお話していきます。
つま
つま
私達のなかで「見やすい文章」と「分かりやすい文章」では少し違います。

論理的な文章がなぜ分かりやすいのか?

それは、「相手と知識を分かち合えるくらいに理解するため」に必要になるからです。

 

例えば、「iPhone」を知っている人が、知らない人に情報を伝えようとします。

iPhoneを知らない人に情報を届けるためには、いかにiPhoneが便利で利便性が高いかを論理的に伝えて理解させるのが必要です。

論理的に理解をさせて分かりやすくしなければ相手には届くことはありません。

 

そもそも、読者は悩みがあるからこそGoogleなどで検索をするわけで、

「iPhoneってなんでこんな人気なんだろう…?」

というような悩みや疑問のある読者を文字で「説得」して「納得」させることが分かりやすい記事だと考えています。

 

分かりやすい論理的な文章には、基本的に3つの要素で構成することが重要になります。

  • 主張
  • 理由
  • 根拠

こちらの伝えたいことを相手に届けるには、相手が抱える「なぜ?」という疑問を解決する必要があるからです。

さきほどのiPhoneの例えだと…

iPhoneを知らない人に情報を届けるためには、いかにiPhoneが便利(理由)利便性が高い(根拠)かを論理的に伝えて理解させるかが必要です。

こういうイメージです。

これだけだと分かりづらいと思うので、それぞれをお話していきます。

分かりやすい記事を作る3つの要素

あわせて読みたい
分かりやすい記事を作るための『3つの要素』当記事では、SEO対策に効果的な「記事の書き方」ついてお話していきます。 前回の記事では、「見やすい記事のセブンルール」に...

 

リライトの定義は「守り」

きし
きし
まずは、リライトの定義についてお話していきます。
つま
つま
リライトは「記事を書き直す」ということですが、もっとSEO的には深いです。

初心者ブロガーは、SEO最適化するために新記事を書くことしかできません。これはいわゆる「攻め」です。

しかし、ある程度記事がたまってくると、読んでくれる読者が増えてきます。

読んでくれる読者が増えると、来てくれている読者がより見やすくしたり、違う情報への回遊をしたりと、「守り」に入るフェーズがきます。

この守りとなるのが「リライト」です。

リライトは、記事を書きなおすという意味ですが、ブログにおいては新記事を書くよりも重要なポジションになると考えています。

おすすめのリライト10項目

きし
きし
ブログによって変わるので参考程度にしてくださいね。

リライトは、すべき作業が多いので少しづつ参考にしてください。

ザクッと解説するとこんな感じ。

それぞれを分かりやすくお話しています。

>>リライト10項目<<

あわせて読みたい
【実証済み】SEO対策に効果的なリライトの10項目当記事では、SEO対策に効果的な「記事の書き方」ついてお話していきます。 前回の記事では、「分かりやすい記事を作るための3...

 

ブログ初心者が陥りやすい「重複コンテンツ」

きし
きし
ブログ初心者が陥りやすい注意点をまとめてみました。
つま
つま
これはわたし達も失敗したSEO注意点です、ぜひ参考にしてください。

初心者ブロガーが最も陥りやすいSEO注意点は「重複コンテンツ」です。

重複コンテンツとは、「ページのURLは異なるが、その内容が完全に、またはほぼ同じであるコンテンツ」のことです。

同じ人から、雑誌や書籍など同じ内容の本が何冊にもなるのは当たり前です。

しかしウェブ上では、世界中のどこからでもある特定のページにアクセス出来るため、同じ内容のページが複数存在する必要性は原則ありません

ウェブ上では、コピーされた情報の価値はとても小さいのです。

例えば、類似したワードを基盤としたコンテンツはGoogleからしたら、どちらを優先させうるかは、明確にはしてくれません。

つまり、意図した記事と違う記事がインデックスされ、他の記事はインデックスされないということになります。(インデックス数の少ないものはいくつかはインデックスされることはあります)

検索エンジンは、原則として重複コンテンツを同時に検索結果に表示することはありません

もし複数の重複コンテンツが検索結果に表示されることが許されてしまうと、検索結果が1ページ同じ内容のページばかりで埋め尽くされてしまう、ということも有り得ます。しかし、このような検索結果を求める読者はいないでしょう。

そうならなないための注意点があります。

  • 連載形式にするな
  • 「〇〇日記その②」もダメ
  • 「体験」だけを書くのではない
  • 「回答」を書く
  • 1記事で完結する

順にお話していきます。

>>「重複コンテンツ」について

あわせて読みたい
【SEO指南】ブログ初心者が陥りやすい「重複コンテンツ」の対策当記事では、SEO対策で陥りやすい「注意点」ついてお話していきます。 前回の記事では、「ブログ100記事はゴールでなくスタ...

 

本文には色を使いすぎると「可読性」が落ちる

きし
きし
率直に言うと、本文に色を使いすぎると「可読性」が落ちます。
つま
つま
どうしても自由度が高いから、あれやこれやと色々使いすぎてしまうのですが、それはブログじゃなくアートのような感じになります。

読みやすさの度合い、文字として認識できるかどうかのことを「可読性」といいます。

文字として認識するとは、パッとその文字列を見たときに、理解しやすいこと、正確に早く読めること、疲労を感じないことの3つが必要です。

可読性を考える際は、字体が重要です。たとえば、線が多い漢字を使うよりも、ひらがなを使った方が読みやすいでしょう。

あわせて読みたい
【見やすいブログの書き方】記事を見やすくするための7(セブン)ルール当記事では、SEO対策に効果的な「記事の書き方」ついてお話していきます。 前回の記事では、「読まれやすい文章の3つのポイン...

ところが、ひらがなばかりだと、だらだら書かれているように見えてしまい、逆に読みづらくなってしまいます。

適度に漢字を交えてバランスよく書く方が可読性はあがります。

 

これは文字色にも全く同じことが言えます。

本文に色をたくさん使うと、ぱっと見た感じとてもかわいくおしゃれに見えます。もちろん強調したい部分も、他の文章よりも分かりやすくなります。

しかし、使いすぎると、どこを読んでいいのか分からなってしまうのです。

そして、もっと分かりやすく細分化してみました。

  • オシャレだけど可読性落ちる
  • 可読性低いと離脱が増える
  • ブログは自己満だけど自己満じゃない

順にお話していきます。

>>本文に色を使いすぎない方がいい理由

あわせて読みたい
【実証済】ブログの本文に色を使い過ぎない方がいい理由当記事では、SEO対策で陥りやすい「注意点」ついてお話していきます。 前回の記事では、「ブログ初心者が陥りやすい重複コンテ...

 

「タイトル」とはコンテンツの入り口

きし
きし
タイトルとは、あなたのコンテンツの入り口です。
つま
つま
とても重要なので丹精こめてつくりこみましょう。

ブログとはいわば「あなたのお店」です。

そして、タイトルを例えるならお店の「入り口」にあたります。

その入口が、もし読者の悩みやニーズにピッタリハマるタイトルだとどうでしょうか?

おそらく高確率でクリックされ見てもらえるはずです。それがSEOならばなおさらです。

もちろん、検索した全ての人に見てもらうというのは不可能ですが、あなたが作ったコンテンツを検索意図に合った読者に見てもらうために工夫することはできます

ぼくはタイトルづけする時に大事にしているのは、検索意図コンテンツです。

これを組み合わせて効果的なタイトル付けをする必要があります。

見てもらいやすいタイトルのつけ方

あわせて読みたい
【SEO指南】見てもらいやすいタイトルのつけ方と注意点当記事では、SEO対策に効果的な「記事の書き方」ついてお話していきます。 前回の記事では、「本文に色を使い過ぎない方がいい...

 

最後に

きし
きし
初級編のSEO対策をまとめてみました。ブログを始めたばかりの人は自分のブログを見直していきましょう。
つま
つま
何よりも、大事になるのは「コンテンツ力」です。

いかに読者の方が知りたい情報を提供できるか?

そのために必要となる、

  1. 専門性
  2. 網羅性
  3. 信頼性

を満たすためのブログを作ることが重要になります。

そのためには、

”いかにして読者の立場になって考えれるか”

です。

ご参考になれば幸いです。